信用情報に傷がつかない|現金化、それはクレジットカードの便利な使い方のひとつ。

現金化、それはクレジットカードの便利な使い方のひとつ。

cash flow

信用情報に傷がつかない

受け渡し

無審査で現金が準備できるクレジットカード現金化ですが、社会的にはあまり好ましい行為とは見られていません。カード会社は規約で現金化を禁止しているので「グレーゾーンの行為」とされています。
しかし今、クレジットカード現金化を利用する人は増えています。何故利用者は皆、社会的に好ましくない行為を次々と実行しているのでしょうか。そこには「大きなメリット」と「存在するがまだ致命的ではないリスク」があります。

まず、「大きなメリット」を考えてみましょう。クレジットカード現金化の大きなメリットはやはり、「信用情報に傷が付かずに手持ち以外から現金が用意できる」ということです。
通常、手持ちのお金以外から現金を用意しようとすると、どの手段を利用しても信用情報に傷がつきます。家族、友人に借金した場合には公的な信用情報に傷はつきませんが、それでも「家族、友人からの自分に対する信用」は落ちますよね。どの信用情報にも傷をつけることなく、手持ち以外から現金を用意することはあり得ないのです。

しかし、クレジットカード現金化はそれを可能にしています。その大きなメリットがあるからこそ、年々利用者が増えているのです。
信用情報というのは本当に大事です。ローンの審査なんかも厳しくなっている現在、信用情報に傷がつくことは非常に問題なのです。
クレジットカードの現金化はその大切な信用情報に傷がつかないので、とても便利な方法だとも言えるのです。